業界の展示会で作成するパネル

HOME » 展示会のパネルデザイン » 業界の展示会で作成するパネル

業界の展示会で作成するパネル

・同じ業界で集まって展示会を開催するときのポイント
同じ業界で集まって展示会を開催する場合、異なる業界が集まって展示会を開催するときよりも難しい点がいくつかあります。
まず同じ業界の場合は似たようなブースがたくさん出てくることになりますので、来場者の中にはなかなか違いが分かりにくいという人もいるでしょうし、知名度の高い企業のブースに人が集中し、そうではないブースにはなかなか人が来ないということが想定されます。

異なる業界の展示会であれば、違う業界のブースを目的に来た人が興味を持ってくれる可能性もありますから、その点ではチャンスが多くなりますので、同じ業界が集まる展示会に参加するのであればよりオリジナリティを出すことを意識したほうがいいでしょう。
オリジナリティを出すためにはまずブースに来てもらうための工夫が必要になりますので、窓口となるパネルに工夫をするのがポイントになります。

・他のブースと違うと思わせること
パネルのデザインを工夫することによって来場者に「このブースはほかのブースと何か違う…」と思わせることができれば成功ですから、パネルそのものにオリジナリティを加えてみてください。
パネルにオリジナリティを出すと言っても奇抜なことをする必要はなく、基本的に見てもらえるように目立つ工夫をすればいいのです。
たとえば簡単にできることであればパネルそのものをピックアップするために壁の色とパネルの色を変化させたり、企業名を大きく書いて目立たせたりといった感じでも構いません。
企業のロゴが特徴的であればそれだけでアピールポイントになりますので、シンプルに仕上げても目立つでしょうから、自分たちの強みや特徴はどんなところにあるのか考えて作ってみてください。

・来場者に興味を持たせるには
そしてもっとも重要になるのが展示会の来場者に興味を持ってもらうことですから、そのためにはあえて説明し過ぎないこともポイントになります。
パネルであらかじめ内容を説明してしまうと中身がその文字だけで判断されてしまう可能性が高いですし、単純に文字数が多くなることで遠くからパネルが見えにくくなるデメリットがあります。
ですから少し内容を匂わせる程度のワードを記載しておき、来場者に「このブースはどんなことをやっているのだろう?」という気持ちにさせればいいのです。
この点を工夫している企業のブースはたくさんの来場者を集めていますし、継続的に成功しています。