展示会のパネルデザインをするコツ

HOME » 展示会のパネルデザイン » 展示会のパネルデザインをするコツ

展示会のパネルデザインをするコツ

・魅力的な企業ブースには魅力的なパネルがある
展示会に参加してみると、たくさんの来場者を集めている企業ブースもあれば、全然人が集まっていない企業ブースもあります。
これは企業ブースに限らず個人で参加しているところにも同じことが言えますが、たくさん来場者を集めているところは知名度がはじめから高いか、何らかの工夫をして来場者の目を引く努力をしています。

代表的なところで言えばパネルデザインの工夫で、ここが上手い企業ブースは比較的人を集めることができており、その後のプレゼンや商品のクオリティによっては人気ブースになっています。
パネルは展示会に参加するなら非常に重要なもので、その企業ブースがどんなものを置いているのかをアピールするものですから、参加するのであれば絶対にこだわりたいところです。
それでは展示会のパネルデザインはどのようにするのがいいのでしょうか?

・パネルデザインのコツ
パネルデザインをするうえでのコツはまず「シンプルにまとめること」で、これはポスターなどにも言えることですが、展示会場の規模が大きくなればなるほど来場者からのパネルの見え方を意識しなければなりません。
パネルを目印にブースへ来る人もたくさんいますし、そのときに目に留まりやすくしておくと、興味がないブースだったけど立ち寄ってみたという人が少なからず出てきます。

足を止めてもらうためにはパネルの見やすさは重要なポイントになりますので、その点でシンプルにまとめられていると見やすくなります。
もちろんシンプルにまとめるだけでなく、そのブースの特徴となる部分も加えておかなければ面白みのないものになってしまいますので、ちょっとしたキャッチフレーズを入れるなどの工夫をしてみるといいでしょう。
全体的に見やすいパネルは目に入りやすいですから、そこを意識して作成するのがコツです。

・展示会とミスマッチにならないこと
そして展示会で目立つことは重要ですが、展示会そのものの雰囲気を壊してしまっては逆効果になりますから、パネルデザインは良い意味で展示会にマッチするものでなければいけません。
埋もれてしまっては目立ちませんから工夫は必要ですが、かと言って奇抜なデザインをして浮いてしまうのもよくないので、そのあたりのバランスは難しいところです。
その点は成功している企業ブースをお手本にしたり、デザイナーにアドバイスをもらったりして作成するといいでしょう。