展示会のパネルをデザインする

HOME » 展示会のパネルデザイン » 展示会のパネルをデザインする

展示会のパネルをデザインする

・パネルでブースを目立たせたい
展示会にブースを出すときにパネルを作成して宣伝すると思いますが、どのようなパネルを作成しようか頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか?
パネルは展示会の来場者にブースを見つけてもらうためにはとても重要なものです。
パネルの出来次第でブースに来てくれる人の数が変わってくることもあります。

この点はセンスも重要になってくるのですが、来場者がそのセンスに共感してくれると当然ブースにも興味を持ってくれるでしょうし、ブースの内容をうまく宣伝できているともともと興味を持っていなかった人も惹きつけることができますから、魅力的なパネルをデザインすることはとても意味があります。
実際に展示会へブースを出す企業や個人はパネルをどうするかかなり真剣に考えていますし、そこの意識が高いところはたくさんブースに人を集めていますからないがしろにしてはいけません。
パネルはブースの入り口となる顔ですから、しっかりとアピールできるものを作成しましょう。

・魅力的なパネルを作成するには
それではブースに人を引き寄せる魅力的なパネルを作成するためにはどのようにすればいいのでしょうか?
これはまず当然ながら自分たちの出すブースがどんなブースなのか分かるようにしておかなければなりませんので、企業であれば企業の名前を入れること、そしてブースの内容ができるだけ分かるようなキャッチコピーを入れるといいでしょう。

キャッチコピーと言ってもそれほど長々とした文章を入れる必要はなく、ひと言だけでも良いので分かりやすいほうがいいと思います。
展示会の来場者はもともと目当てのブースがあって来ている人もいますが、来てから見るブースを決める人も多いので、あまり長々としたキャッチコピーだと読むこと自体億劫になってしまい、パネルに注目してもらえない可能性があります。
ですから基本的にはシンプルにまとめるのがベストです。

・カラーにもこだわる
そしてパネルを目立たせるという意味ではカラーもとても重要で、どのようなカラーを使うかによってそのブースの印象も変わってきます。
企業でブースを出すのであれば、もともと企業のイメージカラーみたいなものがあると思いますし、ロゴもあると思うのでその点は比較的決めやすいと思いますが、個人でブースを出す場合はブースの内容に合っているかどうか、またパネルに記載する文字とのバランスを見ながらデザインしましょう。