展示会のパネルの作り方

HOME » 展示会のパネルデザイン » 展示会のパネルの作り方

展示会のパネルの作り方

・パネルで企業ブースをアピールする
展示会に参加する企業の中にはどのようにアピールしようか考えているところも多いと思いますが、大きな展示会に参加する場合、たくさんの企業ブースが出てくるので、その中で目立つためには工夫が必要になります。
実際に展示会に参加した企業で成功しているところは、ほかの企業ブースにはない工夫をしていたり、同じようなことをしていてもひと手間かけていたりします。

展示会は企業の売りを発表したりプレゼンできる絶好の機会だけに、たくさんの来場者に立ち寄ってもらわなければいけませんから、ファーストインパクトが重要になります。
その点でまずやっておきたいのがパネルの作り方を考えることで、企業ブースのパネルはいわば看板と同じですから、そこを見て来場者は立ち寄るかどうかを決めると言っても過言ではありません。
ですから、パネルの工夫をするだけでも十分な宣伝効果が生まれますし、パネルを作る際にはひと工夫加えてみるといいでしょう。

・パネルを工夫してみよう
それでは実際にどのような工夫を施せば目立つパネルを作ることができるのでしょうか?
これはまずシンプルにパネルを目立たせることが重要で、たとえばパネルの背景のカラーを変更してみるのもひとつの手段です。
たとえば水を扱う企業ブースであれば、水を連想させるカラーである水色や青を使った背景にすると分かりやすいですし、それに対してパネルを白にするだけでも大いに際立たせることができます。
全体的にカラーリングしていれば、ほかのブースとの違いも出せますから来場者の目を引くこともできるので、検討してみてください。
ほかにもパネルそのものの工夫することもでき、文字のフォントやカラー、デザインで違いを出す方法もあります。
いずれにしてもパネルの作り方に正解があるわけではありませんので、いろいろと試してみるといいでしょう。

・他の企業ブースのパネルも参考にする
また、非常に重要なこととしてほかの企業ブースはどんなパネルを作っているかチェックすることもポイントになります。
実際に成功している企業ブースのパネルはどのようになっているのか、またブース全体はどのような造りになっているか、商品の宣伝はどのようにしているのかなど盗めるものは盗んで次回の展示会に活かすようにすると継続的に魅力的なブースを出せると思います。
横のつながりを作ることができるのも展示会の魅力ですから、積極的に交流してみてください。